So-net無料ブログ作成

光浦靖子さんがきれいになった!その秘密はマウスピースにあった!

最近テレビで見るたびにどんどんきれいになっていく光浦靖子さん!

そんな彼女はマウスピースをはめて寝ているとのこと。寝ているときに歯をくいしばっていて、このままじゃ歯がボロボロになってしまうからとマウスピースを勧められたそうです。そして以前から気にしていたというエラは、なんとその食いしばりによる筋肉だと言われたそうです!

実は私も以前から光浦さん同様歯の食いしばりが気になっていたので調べてみました。



無意識にしてしまう食いしばり、歯ぎしりの原因とは?



私もそうなのですが無意識なんです!ウトウト眠りそうになった時にふと起こされた時、気づくとものすごい力で食いしばっていることがあります。歯ぎしりもしていると言われたことがあります。
それに食いしばっているせいか歯がボロボロになったりグラグラしてしまう夢をよくみます。そんな時は朝起きて歯がちゃんとあることを確認してほっとするのです。


その食いしばり、歯ぎしりの原因は何なのか、主な原因について調べてみました。


・ストレス


一番の原因として考えられているのがストレスだそうです。誰しも多かれ少なかれストレスを感じながら生活をしています。食いしばりや歯ぎしりをする人は、そのストレスをうまく発散できずに溜め込んでしまい、寝ている間にそのストレスを食いしばりや歯ぎしりによって発散してしまうそうです。

・歯並び、噛み合わせ


歯並びや噛み合わせの悪さから起こることもあるそうです。詰め物の大きさが合っていなかったり、抜けてしまった歯をそのままにしておくことが原因になってしまうこともあるんですね。


スポンサードリンク






食いしばりや歯ぎしりをすることによる影響は?



・歯がすり減って短くなることにより神経に近くなり、冷たいなどの刺激に過敏になってしまう
・歯が割れてしまったり、詰め物が取れてしまう
・歯肉に負担がかかり、歯肉を傷つけたり炎症を起こしてしまう
・顎が痛くなったり、口が開きにくくなる
・肩が凝る
・頭が痛くなる

食いしばりや歯ぎしりだけでこんなにもたくさんの影響があるのですね。



マウスピースとは?



寝る前にマウスピースをはめて上の歯と下の歯の接触を強制的に防ぐことで、歯や顎にかかる負担を減らしてくれるそうです。食いしばりによる緊張した筋肉も和らげてくれます。先ほどの影響の面から考えると、肩こりなどで悩んでる人はマウスピースをはめることで良くなることもあるのかもしれないですね。



まとめ



光浦さんの場合は食いしばりによる筋肉の発達があったものの、マウスピースの使用によりその筋肉の緊張が和らぎ負担がかからなくなったので、自然と輪郭がほっそりしてきれいになったんですね。
私を含め、マウスピースを使って光浦さんみたいにきれいになりたいと思った方がたくさんいるのではないでしょうか。これからどんどん魅力的になっていく光浦さんにも注目ですね。



スポンサードリンク









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。