So-net無料ブログ作成
検索選択

引っ越し時の盗難対策とは?ポケットに入る小さいものが狙われやすい!? [生活]

引っ越し1.jpg

ヤマト運輸の社員が配送先の自宅に侵入して下着を盗んだというニュースが報道されましたが、残念ながら引っ越し中に引っ越し業者や通行人に盗難されるという事件はあちこちで起こっているようです。

引っ越し業者に問い合わせてもそんな荷物はなかったと言われて終わってしまうことも多いんだとか。信用して頼んでいるのにそのような事件が起きるなんてとても悲しいですね。そうならないために盗難を防止するにはどのような対策があるのか調べてみました。


スポンサードリンク





引っ越し時に盗難に合いやすいのはポケットに入る小さいもの!?


やはり盗難に合いやすいものはお財布やブランド物の時計やアクセサリー、貴金属などの高価なものです。そしてすぐにポケットなどに隠せる小さなものが狙われやすいようです。他には今回の事件のような下着も特に女性の方は注意しなければなりません。


引っ越し時の盗難を予防する対策とは?段ボールに名前を書くのはNG!?


上記にあげたような注意が必要なものは、預けずに自分で運ぶというのが一番になります。また預けるものはわかりやすいように「バック」や「靴」と段ボールに書くかと思いますが、誰でもわかるように書いてしまうのは危険です。自分だけがわかるような印をつけて区別するようにすると良いようです。


そして大事なものは底に入れたり、タオルや袋などにくるんですぐに取り出せないようにするということも効果的だそうです。


通行人による盗難対策としては大事なものはトラックの前方に積んでもらうという方法があるようですが、引っ越し業者による盗難予防と考えると大事なものがばれてしまうのであまりよくないような気がします。さりげなく最初に運んでもらえるように置いておく程度にしておいた方が良いのかなと個人的には思いました。


また今回のような引っ越し先の部屋での盗難被害もあるようなので、前の部屋も引っ越し先の部屋も荷物があるところには必ず人がいるようにしておくことも大切です。そして危険なのが引っ越し先でガス業者や管理人さんなどの業者さんとやり取りをしている時なんだそうです。人の出入りが多くバタバタしていて目を離した隙に盗難に合うケースもあるようなので、大事なものが入った荷物は部屋の奥や目の届く所に置き、落ち着くまで中身を出さないようにしましょう。


預けた荷物の補償も受けられますがそれはあくまで目に見えて物が破損してしまった場合で、なくなってしまったものの補償を受けるのはその現場を押さえた証拠でもないと難しいようです。ここまでしないと安心して預けられないというのは悲しいですが、大事なものは自分で守らないといけないんですね。


スポンサードリンク



nice!(130)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 130

コメント 4

mimimomo

こんにちは^^
随分昔のことですが、レコード盤を盗まれたことがあります。
by mimimomo (2016-05-05 11:48) 

みかん

とても参考になりました!今後に役立てたいと思います(^^)
by みかん (2016-05-06 00:17) 

まおた

mimimomoさん
コメントありがとうございます!
それは酷いですね。信用して預けてるのに悲しいですよね。
by まおた (2016-05-29 09:21) 

まおた

みかんさん
そう言っていただけて嬉しいです(*^^*)
コメントありがとうございました!
by まおた (2016-05-29 09:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。